仕事の悩み

【要確認】信用と信頼の違いは??ビジネスでよくある間違いを解説

信用と信頼の違いってなんだろう?
部下Bさん

こんな悩み解決します。

✔本記事の信頼性

✔名前Mist(ミスト)

✔東証一部上場企業MG(マネージャー)

✔部下育成人数:2000名以上

✔Twitter ID:@misto1103

本記事を書いている私は、部下育成で約2000名以上の方々の成長に携わり、仕事で悩まれている事、苦しんでいる事の問題を解決してきました。

そういった経験を通じて、今も仕事で悩まれている方々に少しでも解決の糸口を掴み、前に進めるきっかけになったらいいなと感じています。

実際に当記事の内容は私自身の経験に基づき、日々の仕事を通じて、問題解決を提案、実行しております。

今回は、信用と信頼の違いについての解説と間違えやすいポイントについて一緒に考えていきましょう。

信用と信頼の違い

ミスト
信用と信頼の違いを考えた事はありますか?

同じように感じてしまいますね。

2つを比較してみましょう。

ここに注意

✔信用とは、過去に起きた出来事や実績などから判断すること

✔信頼とは、人物像や人柄から未来の出来事に対して信じようと判断すること

信用と信頼は、信じるという漢字がどちらも使われています。

似ているだけに、日々の会話で同じように使われている人も多いかもしれません。

しかし、微妙なニュアンスで相手に間違って伝わってしまうこともあります。

コミュニケーションを取る時に、正しい理解をして使わないと間違った方向に進んでしまいます。

円滑なコミュニケーションを取り、お互いの理解を深められるようにしていきましょう。

コミュニケーションの大切さの理解を深めたい人はこちら

【超重要】コミュニケ―ションで大切なこと3選

職場でのコミュニケーションがうまくいかない…どうしたらいいの? こんな悩みを解決します。 本記事の信頼性 ✔名前Mist(ミスト) ✔東証一部上場企業MG(マネージャー) ✔部下育成人数:2000名以 ...

続きを見る

また現代の仕事やコミュニティでの問題のほとんどが対人関係によるものです。

そういった人にオススメがこちら

【日本統合医学協会】アドラー心理学検定1級講座 公式サイト

信用とは

メモ

信用とは…

✔確かなものと信じて受け入れること。

✔それまでの行為、業績などから信頼できると判断すること。また、世間が与える、その評価。

どのように使っていけば良いのでしょうか?

日々の会話に置き換えてみるとイメージが膨らむかもしれません。

コメント

✔私たちの信用が積み重なってきた!

✔この商品、信用できるよ!

✔○○さんは、信用できる。

このように聞くとイメージがつきます。

これが、過去の経験や実績があるからだと理解できます。

ミスト
客観性があることがよくわかりますね

信頼とは

メモ

信頼とは…

✔信じて頼りにすること。

✔頼りになると信じること。また、その気持ち。

こちらも日々の会話に落としてみましょう。

コメント

✔私たちを信頼しようとてくれている!

✔わが社の社運をかけてこの商品を信頼しよう。

✔あいつを信頼したい。

これらの言葉の背景には、人柄を理解した上での発言に聞こえます。

ミスト
信用に比べると主観的で、期待を感じますね

まとめ

信用と信頼の違いについて解説してきました。

同じ漢字を使用し、大体見ているように感じることから、意味合いを同じように捉えてしまう。

そんな日本語は数多く存在じます。

しかし、よく考えてみると意味合いが違うために間違った事を伝えている。

そんなことが日常で発生します。

その積み重ねが、信頼を構築し、第三者があなたという人物像を決めています。

理解を深めるために、英語で理解することもオススメです。

信用はCredit(クレジット)信頼はTrust(トラスト)と訳すと理解が深まります。

是非ご参考にして頂けたら幸いです。

今回は以上です。

ブログ村URL

  • この記事を書いた人

mist

【仕事の悩み解決します】現役30代Manager|失敗から学び成長に繋げる| 2022エクセレントマネージャアワード受賞(上位0.2%)🥇|2000人以上の部下育成|組織構築のプロ| 東証一部上場企業|入社後、働き方の悩みに寄り添い、解決するBlogを開設、運営してます|ブログ、仕事の事を呟きます|2022.5.29〜

-仕事の悩み